「配偶者や恋人が浮気をしているかも」と思った時に最近メジャーになってきた調査方法の1つ、それがGPSです。

GPS(Global Positioning System)は既に認知されているとおり搭載したものが地球上の何処に居るかを瞬時に判明するシステムのことですね。

GPSを使った浮気調査とは?

例えばGPSを車のダッシュボードやトランクに仕掛けたり、対象者のバッグに忍び込ませたりすることによって、対象者が現在どこに居るかわかるようになります。

もし車で外出した時にラブホ街や高速道路のIC付近のモーテルでウロウロしてたり駐車場に停まってる事が判明したら浮気の可能性が限りなく濃厚になる、というわけです。

このGPSを使った浮気調査はしばしば使われます。基本的には車に取り付ける事が多いです。ただし注意も必要です。

GPSを使った浮気調査は違法なの??

これはプライバシーの侵害という事で違法になる場合があるため注意が必要です。結婚している旦那や妻そのものではなく車に取り付けるということであれば何ら問題ありません

探偵がGPSを使った調査をしましょうと言ってきた場合は注意が必要です。探偵がGPSを使う事は前述のプライバシー侵害に当たる場合があるので、主体はあなた自信である必要があります。すなわちGPSを取り付けるのはあなた自身ですし、それで位置情報を確認するのもあなた自身というわけですね。

この部分を探偵に任せるとプライバシーの侵害や、住居侵入や、器物損壊の罪になる可能性があるので探偵からの提案はされないはずです。

賢いGPSの使い方と、浮気調査の仕方

探偵が提案してくるのは、「浮気調査の前段階でGPSを使って本当に浮気してるのか確認するためにGPSをレンタルできますよ」といった事になります。

これによってあなた自信がGPSを設置して車を追跡して概ねどのような行動を取っているか把握することです。どこのホテルを使っているか、また何曜日に不貞行為をする傾向があるか掴むことが重要となります。

そしてターゲットの行動範囲やパターンが分かったら改めて探偵に浮気調査を依頼することになります。このようにすればわずか1日だけの調査だけで浮気の証拠を上げる事もできるようになるのです。