浮気の慰謝料には幅がある、その相場とは

配偶者の浮気でとれる慰謝料の相場は、100万円から500万円程度と言われています。

これはあくまで平均値であって、100万円未満であることも、逆に700万円くらいをもらえることもあるようです。

なぜこのように相場にひらきがあるのかというと、浮気の悪質度や相手の社会的立場には差があるからです。

一般的に、婚姻期間が長いほど裏切られたほうの心の痛みは強いと考えられるので、慰謝料の金額は大きくなります。

また、浮気の回数や頻度も影響します。

さらに、相手に支払い能力がなければそもそもお金をもらえませんので、相手の収入や社会的地位によっても異なります。

一般的には、浮気相手が高収入の男性である場合には、多額の慰謝料をもらえる傾向があるようです。

例えば公務員であるとか社会的地位や体裁、世間体を気にする職業である場合、あるいは田舎の狭いコミュニティでの浮気の場合はより多くの金額を受け取れる可能性があります。

この場合相手から「◯◯万円支払うから公にしないでくれ」、といった示談交渉があると思います。この時点で本来より多めの慰謝料を獲得出来る場合がありますので参考まで。

逆に、相手が無職だから慰謝料を請求してももらえないと諦めてしまう人がいますが、50万円程度でも請求できるなら、請求しておくべきでしょう。

慰謝料を請求するには証拠がなければいけない

慰謝料を請求するには、探偵に依頼をして証拠をつかむのが一般的です。

証拠もないのに浮気相手の不法行為を指摘して慰謝料を請求してしまったら、逆に訴えられてしまう可能性もあります。

探偵に依頼をして証拠をつかんだ後は、弁護士に相談をしてみるとよいでしょう。

相談だけなら無料で受けてくれることは多いですし、メリットがありそうならそのまま依頼をしてしまってもかまいません。

慰謝料を使って探偵の費用に充当することができる?

慰謝料を請求してしっかり支払われれば可能といえば可能です。しかし浮気調査を探偵に依頼する場合に気を付けなければいけないことがあります。

もしも探偵費用を慰謝料から賄えると言ってくる探偵事務所があれば説明不足で問題がある場合があるので気をつけて下さい。

確かに浮気調査費用はかなり掛かります。

安い場合でも20万くらいはかかりますのでなかなかすぐに用立てできない場合もあります。

しかし仕事をすぐにでも取りたい探偵事務所はこのように言ってすぐに契約を取ろうとするのです。

慰謝料をもらえれば探偵費用も賄えますがもしも浮気をしていなかったり、浮気の裏が取れなかった場合は費用を賄えなくなります

それに探偵への費用が200万円で、慰謝料が100万円だったらどうなりますか?この探偵だけが儲けて依頼者は浮気調査をした意味が全くありません。慰謝料の請求は誰でも出来ますが200万円請求したら200万円が貰えるとは限りません。

相手は減額するべくあなたの非をあら捜しし始めたり、慰謝料を減らすように弁護士を使ってあの手この手で算段してくるはずです。この点もご注意ください。探偵に依頼する際に慰謝料請求を考えていると伝えてみましょう。探偵の出方を伺って誠実に問題なく対応してくれるかで見極める事です。

探偵にかけた費用よりも慰謝料の額が少なければ完全に費用をかけた分損になってしまうのです。

そのような可能性があるのにも関わらずお客様に間違った認識をさせるのは業者として失格ですし違法の可能性が出てきますので絶対に依頼しないようにしましょう。

今すぐに支払えない場合には分割払いをしてくれるところもあります。

他にも依頼をしたときだけその都度払いができるところもありますので此のようなところで依頼するようにしてください。

プロはいいことばかりを説明するのではなくリスクについても説明しなければいけません。

それができるかできないかがいい探偵を見極める手段になります。